メニュー

青魚蕁麻疹(じんましん) アニサキスアレルギー ヒスタミン食中毒

青魚蕁麻疹(じんましん) アニサキスアレルギー ヒスタミン食中毒

青魚(光物)を食べて蕁麻疹が起きたことがある人、結構いらっしゃると思います。サバアレルギーなど、その魚自体によるアレルギーと思われがちですが、一番多いのは、アニサキスアレルギーです。蕁麻疹、発熱、頭痛、顔や体の紅潮、口唇のピリピリ感、アナフィラキシーショックなどのアレルギー症状が出現します。

 青魚を食べて起きるアレルギーは、①魚自体のアレルギー  ②ヒスタミンによる“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”  ③アニサキスアレルギー の3つが考えられます。このうち一番多いのが③アニサキスアレルギーと考えられます。

 ①は血液検査でその魚のアレルギー反応(IgE抗体)が陽性に出るものもありますがあまり多くはありません。体調によりアレルギーが出たり出なかったりすることがあるので、陽性でも必ず症状がでるとは限りません。特定の魚を食べるとアレルギーが出るが、他の魚では出なければ、①の可能性が高いと思われます。

 ②は“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”と呼ばれるものです。原因は、赤身魚のマグロ、カツオ(この2つは青魚に入れないことが多い)、サバ、イワシ、アジなどの魚や加工品です。これらの魚は皮の下に“ヒスチジン”という物質を持っています。腐敗菌(代表的なのは“モルガン菌”)に感染すると、この“ヒスチジン”が“ヒスタミン”に変化してアレルギー症状が出現されます。この菌は低温ではあまり増殖しませんが、常温では非常に増殖するため、低温で保存することが重要です。この細菌以外にも、海中に居る“好塩性ヒスタミン生成菌”に感染すると、低温保存でもアレルギーが起きる可能性もあります。

 ヒスタミンは熱にも酸にも強く、いったん生成されたヒスタミンは調理加熱では分解されません

 ヒスタミンは、食べた直後から1時間以内で、顔面、特に口のまわりや耳たぶの紅潮、舌や口唇へのピリピリとした刺激、頭痛、蕁麻疹、発熱などを起こします。6~10時間で回復しますが、抗ヒスタミン剤の投与で速やかに回復します。

 アニサキスアレルギーは青魚の蕁麻疹の原因で一番多いと考えられます。アニサキスとは、サバ、イカ、アジ、イワシ、カツオ、サンマなどに居る2~3cmの寄生虫(線虫)です。そのアニサキス(の抗原)が原因になって起きるアレルギーで、IgE抗体を介したⅠ型アレルギーと言われています。現在16成分のアニサキスの抗原が分かっています。これらの抗原との反応は、患者さんによって大きく異なっているので、症状がどのように出現するのかも人それぞれになります。抗原が体に入った1回目では症状は出ません。1回目に“感作”(抗原に対し敏感な状態になること)されます。2回目にその抗原が入ってくるとアレルギーの症状が出るのです。

 このアニサキスの抗原は、熱にも凍結にも強いものがあり、また、アニサキスの虫体が死んでも、抗原は残るので、青魚を良く食べる人は、感作されていることが多いです。そして、感作された人がその青魚を食べると、アニサキスアレルギーになることがあります。

 治療は、ひどい場合はステロイド剤を、そうでなければ、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などを使用します。

 次回は、生きたアニサキスが胃腸などに取りつく、“アニサキス症”についてです。

投稿日:2018年10月22日
カテゴリー: