メニュー

ブログ

最新記事

青魚蕁麻疹(じんましん) アニサキスアレルギー ヒスタミン食中毒

青魚(光物)を食べて蕁麻疹が起きたことがある人、結構いらっしゃると思います。サバアレルギーなど、その魚自体によるアレルギーと思われがちですが、一番多いのは、アニサキスアレルギーです。蕁麻疹、発熱、頭痛、顔や体の紅潮、口唇のピリピリ感、アナフィラキシーショックなどのアレルギー症状が出現します。

 青魚を食べて起きるアレルギーは、①魚自体のアレルギー  ②ヒスタミンによる“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”  ③アニサキスアレルギー の3つが考えられます。このうち一番多いのが③アニサキスアレルギーと考えられます。

 ①は血液検査でその魚のアレルギー反応(IgE抗体)が陽性に出るものもありますがあまり多くはありません。体調によりアレルギーが出たり出なかったりすることがあるので、陽性でも必ず症状がでるとは限りません。特定の魚を食べるとアレルギーが出るが、他の魚では出なければ、①の可能性が高いと思われます。

 ②は“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”と呼ばれるものです。原因は、赤身魚のマグロ、カツオ(この2つは青魚に入れないことが多い)、サバ、イワシ、アジなどの魚や加工品です。これらの魚は皮の下に“ヒスチジン”という物質を持っています。腐敗菌(代表的なのは“モルガン菌”)に感染すると、この“ヒスチジン”が“ヒスタミン”に変化してアレルギー症状が出現されます。この菌は低温ではあまり増殖しませんが、常温では非常に増殖するため、低温で保存することが重要です。この細菌以外にも、海中に居る“好塩性ヒスタミン生成菌”に感染すると、低温保存でもアレルギーが起きる可能性もあります。

 ヒスタミンは熱にも酸にも強く、いったん生成されたヒスタミンは調理加熱では分解されません

 ヒスタミンは、食べた直後から1時間以内で、顔面、特に口のまわりや耳たぶの紅潮、舌や口唇へのピリピリとした刺激、頭痛、蕁麻疹、発熱などを起こします。6~10時間で回復しますが、抗ヒスタミン剤の投与で速やかに回復します。

 アニサキスアレルギーは青魚の蕁麻疹の原因で一番多いと考えられます。アニサキスとは、サバ、イカ、アジ、イワシ、カツオ、サンマなどに居る2~3cmの寄生虫(線虫)です。そのアニサキス(の抗原)が原因になって起きるアレルギーで、IgE抗体を介したⅠ型アレルギーと言われています。現在16成分のアニサキスの抗原が分かっています。これらの抗原との反応は、患者さんによって大きく異なっているので、症状がどのように出現するのかも人それぞれになります。抗原が体に入った1回目では症状は出ません。1回目に“感作”(抗原に対し敏感な状態になること)されます。2回目にその抗原が入ってくるとアレルギーの症状が出るのです。

 このアニサキスの抗原は、熱にも凍結にも強いものがあり、また、アニサキスの虫体が死んでも、抗原は残るので、青魚を良く食べる人は、感作されていることが多いです。そして、感作された人がその青魚を食べると、アニサキスアレルギーになることがあります。

 治療は、ひどい場合はステロイド剤を、そうでなければ、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などを使用します。

 次回は、生きたアニサキスが胃腸などに取りつく、“アニサキス症”についてです。

投稿日:2018年10月22日
カテゴリー:

インフルエンザとは、パンデミックとは

14世紀ごろヨーロッパでは、周期的に流行する咳を伴う熱病を、イタリア語で「寒さの影響」「星の影響」を意味する “インフルエンツァ”と呼んでいました。 1890年ころには細菌である“インフルエンザ菌”がインフルエンザの原因と考えられていました。1931年にウイルスによる病気であるとわかりました。

インフルエンザウイルスは、その構造から、核蛋白(NP)の違いで、 A型,B型,C型の3種類の“属”に分類されます。人で流行するのはA型とB型です。C型インフルエンザは、いったん免疫ができるとずっと免疫が持続すると考えられます。ほとんどの大人に免疫があります。再びかかったとしても症状は軽く鼻水くらいです。

そして、A型は、ヘマグルチニン(HA)の違いで、H1~H16の16種類、ノイラミニダーゼ(NA)の違いで、N1~N9の9種類に分類されます。A型は、16×9=144種類の“亜型”に分けられます。B型は、山形型とビクトリア型の2種類があります。

水鳥では、A型インフルエンザ144種類の亜型全部が見られますが、人での亜型は、H1N1H2N2H3N2の3種類が見られます。これらは人から人に感染する能力を持ちます。豚は水鳥と人のどちらのインフルエンザにも感染します。水鳥から豚に感染し、そこで変異して、人から人へ感染する能力のあるウイルスになることがあります。これが新型インフルエンザウイルスです。1918年のスペインインフルエンザ(H1N1)、1958年のアジアインフルエンザ(H2N2)、1968年の香港インフルエンザ(H3N2)、新型インフルエンザと言われた2009年のインフルエンザpdm2009(H1N1)が流行しました。死者数はそれぞれ、4000万人以上、200万人以上、100万人以上、1万5000人以上でした。ウイルスが分かってから4回世界的に大きな影響を及ぼす“パンデミック”の流行がありました。現在では後者の2種が流行します。

水鳥から飼育している鳥(家禽、かきん)に感染し、その中のインフルエンザウイルスの一部が、病原性を示す“変異株”になります。この“変異株”を“鳥インフルエンザウイルス”と呼びます。鳥の病気です。この“鳥インフルエンザウイルス”のうち、家禽(かきん)がたくさん死ぬ“強毒株”のことを“高病原性鳥インフルエンザウイルス”と呼びます。日本では、H5とH7の亜型(H5とH7のN1~N9の18種類)は、すべて“高病原性鳥インフルエンザウイルス”として、感染した家禽(かきん)を殺処分し消毒されます。

高病原性鳥インフルエンザウイルス”の中で、家禽(かきん)と濃厚感染により人に感染し発症することがあります。H5N1亜型では、2003年から860名が感染し、454名が死亡しました。H7N9亜型では、2013年から1567名が感染し、615名が死亡しています。しかし、これらの患者から人への感染はまだありません。変異により、人から人に感染する新型インフルエンザウイルスが現れたら、誰も抗体を持っていないので、“パンデミック”の流行になります。

症状は、普通の風邪では、鼻水、咽頭痛、咳などの症状から始まりますが、インフルエンザでは、全身症状である、発熱、倦怠感、食欲不振、関節痛などから始まることが多いです。 

ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖できません。空気中や土壌中などの細胞外では増殖しません。部屋の中のインフルエンザウイルスは増えません。

インフルエンザ2日後の感染力は、室温5℃では不変で、25℃だと2分の1、30℃だと10分の1になります。室温が21~24度での6時間後のウイルス量は、湿度20%なら60%くらいに減少、湿度50%なら3~5%に減少します。高温多湿でウイルスの感染力が低下します。

インフルエンザウイルスは20分で細胞内に入ります。インフルエンザウイルスが口から入ったら、20分以内にうがいをしないとダメです。時間が経ってからうがいしてもほとんど効果ありません。感染は“飛沫感染”と“接触感染”ですが、マスクはウイルスが入らないものを顔に密着しないと隙間からウイルスが潜入します。こまめな手洗いをして、汚染された手では目、鼻、口に触れないようにして予防します。

投稿日:2018年10月11日
カテゴリー:

今年のインフルエンザワクチン

インフルエンザのワクチンの形態には、弱毒化ワクチン(生ワクチン)不活化全粒子ワクチン不活化スプリットワクチンの三種類があります。弱毒化ワクチンはいわゆる生ワクチンと一緒で、インフルエンザの生ワクチンは米国のみで許可されています。不活化全粒子ワクチンは、有精卵で増やしたインフルエンザウイルスを取り出して、ホルマリンなどで不活化した(感染力を無くした)ものです。日本のインフルエンザワクチンは不活化スプリットワクチンですが、これは不活化全粒子ワクチンの中の、副反応(ワクチンを注射して発熱などの反応)を抑えるために、エーテルなどでその原因物質を除去したものです。

 前2種類の効果は高いのですが、日本の不活化スプリットワクチンは効果が低いことが分かっています。インフルエンザの免疫が全くない人(乳児など)では、ワクチンを注射しても抗体ができにくいのです。しかし、副作用は一番低くなっています。多くの成人は不顕性感染を含めて感染したことがあり、何らかの免疫があので、不活化スプリットワクチンの効果はあると言えます。しかし、新型のインフルエンザが流行したら、ほとんどの人が全く免疫がないので、不活化スプリットワクチンは効きにくいので、弱毒化ワクチンか不活化全粒子ワクチンが必要になるでしょう。

 弱毒化ワクチンは、体内で増殖して免疫を高めていくので、接種の回数は少なくて済みます。十分な免疫ができるまでに約ヵ月が必要です。不活化ワクチンは、免疫力が弱いため、回の接種では十分ではなく、何回か追加接種が必要になります。しかし、インフルエンザは毎年多くの人が罹患し、多くの人が接触しており、発症しなくとも不顕性感染で感染をしてる人が多く何らかの免疫を持っているので、13歳以上の人では1回の摂取で免疫がつくと考えられます。

 現在のワクチンの製造にはとても時間がかかります。管理されて育てられた6~12カ月の鶏の有精卵を使います。有精卵にインフルエンザウイルスを入れて数日間増やします。成人一人分のワクチンは約2個の有精卵が必要になります。昨年ワクチンが不足したのは、ワクチンの内1種類のウイルスの株が有精卵で十分に育たなく、他の株に変更したのですが、製造に時間が掛かり、十分の供給に間に合わなかったからです。

 ワクチンは、4種類のインフルエンザの株から作られます。日本では、夏冬逆の南半球で流行している株を参考にしたWHOが推奨する株や、日本で流行した株の分析などから、4月ごろに、国立感染症研究所インフルエンザワクチン株のための検討会議で、4種類の株を決定します。その後メーカーさんが製造して発売されるのが9月になります。

 今年のワクチンの株は、A型のH1N1pdm09(2009年に新型インフルエンザと言われた)から、A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)という株、A型のH3N2(A香港型と言われる)から、A/Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)という株、B型からB/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)とB/Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)の2種類、合計4種類の株から作りました。平年並みの使用量より少し多い供給量になる見込みです。

 去年(2017/2018)の東京でのウイルスは、560件のウイルス分析で、AH1pdm09(H1N1)が約21%、AH3(H3N2、A香港型)が約34%、B型が約45%でした。2016/2017では、それぞれ、1.4%、61.1%、22.2%でした。2015/2016では、それぞれ、44.8%、7.6%、47.6%でした。2014/2015では、それぞれ、0.6%、76.4%、23%でした。ここ数年は、A型に関しては、AH1とAH3とが交互に流行し、今年はAH3(H3N2)いわゆるA香港型が流行るかも知れません。

 いつ頃に注射するのが良いのでしょうか。注射してから効果が出るまでに2週間かかり、約5か月間効果が認められます。インフルエンザの注意報が出るのが、11月中ごろまでで、少なくなるのが3月末までですから、10月の終わりから11月の初めに注射するのがお勧めです。公費で10月から注射可能の市町村が多いですが、10月初めだと3月中頃に効果がなくなることも考えられます。でも良く外出する人で抗体が出来ていれば、外出中にインフルエンザの人から感染されると、免疫が高まる(ブースター効果)もあるので、そのような人は早く注射しても良いかもしれません。

 注意報はどのように発令されるのでしょうか。全国に約5000の定点医療機関があり(東京は419か所)その定点あたり週に10人以上で、その地区の注意報が発令されます(東京なら定点合計で週に4190人以上)。

 インフルエンザウイルスについては、次回お話しします。

投稿日:2018年10月4日
カテゴリー:

新しいインフルエンザの薬

今年3月に、新しい抗インフルエンザウイルス薬が発売になりました。  

その名は、“ゾフルーザ”。XO(ノックアウト、~がない)と、 infuruenza で、Xofluzaと命名。                                  今までの抗インフルエンザ薬は、細胞の中で増殖したウイルスがその細胞から出ていくのを阻害するのに対し、細胞の中でウイルスが増殖するのを阻害する、全く作用機序が違う薬です。塩野義製薬が世界で初めて作り、世界で最初に日本で発売されました。 

できる限り、発症48時間以内に、成人では、”ゾフルーザ”20mg錠を2錠、80Kg以上は4錠を1回だけ服用します。

2000年12月発売の、“リレンザ”は、一日2回吸入で5日間、 2001年2月発売の、“タミフル”は、一日2回1錠づつ5日間服用、2010年10月発売の、“イナビル”は、2個の吸入薬を全部で8回吸入を1回やります。 

1回飲むだけなので、楽なのですが、副作用がでたら途中でやめることができません。”ゾフルーザ”と”イナビル”はその危険性があります。半減期は、”リレンザ”は2.6時間、”タミフル”は6.4時間と短いですが イナビル”67時間、”ゾフルーザ”100時間とかなり体内に残ります。

 副作用は、下痢、頭痛、肝機能障害です。発売前の治験では出ませんでしたが、他の抗インフルエンザ薬の副作用を鑑みて、重大な副作用として、“異常行動”が記載されてます。まだ発売されたばかりで、症例数が増えてくるともっと副作用が出てくるかも知れません。

この薬の利点は、インフルエンザの罹病期間は今までの薬とあまり変わりませんが(プラセボで約80時間、”タミフル”と”ゾフルーザ”はどちらも、 約50時間)、体内からインフルエンザウイルスが検出されなくなるまでの期間が短縮されます(プラセボで約96時間、”タミフル”は約72時間、 ”ゾフルーザ”は約24時間)。ということは、人に移しにくくすることができるということです。副作用が少なければ、第一選択の薬だと思います。 

80㎏未満の成人が1回の治療する薬価(2018年10月現在)は、  ”リレンザ”3058円、”タミフル”2830円、”イナビル”4280円、 ”ゾフルーザ”4789円です。 

今のところは予防投与は認められていません。他の薬は予防投与できます。インフルエンザになると重症化しやすい人(65歳以上、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、代謝性疾患(糖尿病等)、腎機能障害、などの患者さん)で、 同居する家族がインフルエンザに罹患した場合のみに適応があります。  しかし、保険は適応されず自費になります。               

受験生が自費で飲みたい場合、適応外使用ですから、副作用が出たときに “医薬品副作用被害救済制度”が使えません。

当院では、”ゾフルーザ”を採用しています。               

発症から早く診断できれば、早く服用して早く治ります。当院では発熱後3時間で測定できるインフルエンザの検査キットを採用しています        

 

投稿日:2018年10月2日
カテゴリー:

体内時計、概日リズム(日光は大切です)

概日(がいにち)リズム(サーカディアンリズム)を生み出す遺伝子(時計遺伝子)とメカニズムの発見で、2017年にノーベル賞が3博士に授与されました。人間は24時間のリズムで変化しています。睡眠や行動の他、血圧、体温、心拍数、尿量、ホルモン、代謝、細胞分裂など、さまざまの生体機能は24時間のリズムで変動します。これをサーカディアンリズム(概日リズム)と呼びます。一般には「体内時計」と言ったりもします。

 体内時計による生体機能の変化によって、心筋梗塞や脳疾患が朝に多くなったり、アレルギー性疾患が夜間から明け方に多くなったり病気がでやすい時間が決まります。また、その人の体内時計によって、投薬の時間、量を決めれば、いっそうの効果や副作用の軽減が期待できることになります。このような治療のことを“時間医療”と呼びます。また、体内時計のみだれ自体が、高血圧症や糖尿病を引き起こす可能性があります。

 人の時計遺伝子は、10数個発見されています。時計遺伝子体内時計、すなわち24時間のリズムを作っているのはどのような仕組みでしょう。人は遺伝子の情報でたんぱく質を作っています。ある時計遺伝子がタンパク質(時計タンパク質)を作ます。そのたんぱく質が多くなると、別の時計遺伝子がそれを抑制して作るのが止まります。作られたたんぱく質は分解して量が減り、再びタンパク質を作る遺伝子が働きます。このリズムが24時間なのです。この“時計タンパク質”が体内時計のリズムに関係しているのです。睡眠リズムの周期が短くなる病気(家族性睡眠相前進症候群)がありますが、この病気では、時計遺伝子の変異による“時計タンパク質”の異常が原因であることが分かっています。また、“時計遺伝子”は、細胞分裂にも関与しています。

 世界は1日24時間で動いていますが、体内時計は、24時間よりも少し長いリズムで動いています(多くは10分くらい長い)。 では、そのズレはどうするのでしょうか。時計遺伝子は、左右の視神経が交わる、“視交叉”の近くの、“視交叉上核”にたくさんあります。光の刺激が、時計遺伝子をリセットしてくれるのです。それなら、最初から24時間ちょうどならリセットしないですむのでは? それは、季節や場所によって変化する環境に“時間合わせ”ができるからです。だから、朝、日に当たってリズムを補正するのです。補正出来る光の強さ(ルクス)は、1000ルクス以上が必要です。日光が10万ルクス、日中の窓辺で8000ルクス、部屋の電灯では800ルクス以下、コンビニでは1000ルクスくらいあります。夜にコンビニに長く居ると、体内時計の時間が2時間くらい戻ってリズムがおかしくなってしまいます。

 年4カ月24時間昼のみ(白夜、ビャクヤ)、年4カ月24時間夜のみ(極夜、キョクヤ)のある南極での実験では、体内時計が4時間くらいズレてしまうそうです。激しい労働をしている人では、リズムを補正出来るようですが、軽度の労働では、補正出来ないため、徐々にリズムが体内時計のズレの10分くらいずつズレていってしまいます。その補正をするため、最も明るいところでは、9000ルクスの部屋があるそうです。

ノルウェーやスウェーデンなどでは、極夜に近い季節があります。夜に寝つきが悪くなり、朝起きにくくなる病気があります。“冬季不眠”といわれ、これになる人が4人に1人いるともいわれてます。体内時計のリズム異常、“時差ぼけ”と同じ状態です。夏季に比較して体内時計が遅れた分だけ(1~3時間)、遅く寝て遅く起きたりすると症状が軽くなるようです。就業時間が遅くできればの話ですけれど。また、リズム補正するための、強い光を出す機械を使用することもあります。この“時差ぼけ”状態が続くと、不眠症、うつ病、高血圧症、メタボリック症候群、癌、骨粗鬆症などの疾患になりやすくなるといわれてます。

 ちなみに、トナカイは、白夜による影響を受けない生き物です。トナカイには体内時計のリズムはありません。だから“時差ぼけ”はありません。睡眠は夜にまとまった時間をとるのではなく、食物を食べた後にそれらを消化する時に短い睡眠をとることを続けます。

投稿日:2018年8月28日
カテゴリー: