メニュー

カテゴリー 病気の話

最近のノロウイルス 血液型との関係は

ノロウイルスの話を進めるためには、ノロウイルスの分類の歴史を整理しておかないといけません。

 1968年、アメリカのオハイオ州ノーウォークの小学校で集団発生した胃腸炎の糞便から検出されたウイルスを“ノーウォークウイルス(NV)”と命名しました。1972年に電子顕微鏡で形態が判明し、“小型球形ウイルス”と命名されました。その後遺伝子配列がわかり、“ノーウォークウイルス(NV)”となりました。ウイルスの分類は、“”、“”、“”、“”にだんだん細かく分類されます。“ノーウォークウイルス(NV)”は“”の名前です。”カリシウイルス科”には5つの“”があり、その1つ、“ノロウイルス(NoV)属”に分類されます。2002年までは“ノーウォーク様ウイルス属”と呼んでいましたが、“ノロウイルス(NoV)属”と呼ぶようになりました。“ノロウイルス(NoV)属”の“”は1つだけで“ノーウォークウイルス(NV)”です。

 2011年のある会議で、正しい呼称の“ノーウォークウイルス(NV)”を使用するよう発表がありましたが、現在でも“ノロウイルス(NoV)”の呼称で使われているのが現状です。

 このあと、“ノロウイルス属”の“ノーウォークウイルス種”のことを、俗称の“ノロウイルス”で説明させてもらいます。

 ノロウイルス”は、遺伝子のタイプで、7つの遺伝子群(ジェノグループ)に分けられます。GⅠ~GⅦです。人に感染するのは、GⅠ、GⅡ、GⅣです。中でもGⅠ、GⅡが最も感染します。さらに、GⅠが9種類GⅡが22種類の遺伝子型に分けられます。今までで一番流行したのは、“GⅡ.4”(GⅡの4番目の遺伝子型)がほとんどでした。“GⅡ.4”は変異が多いので免疫がつきにくいのです。さらに、最近では、“GⅡ.4”以外に新しく“GⅡ.2”、“GⅡ.17”などが検出され、免疫を持っていない人がたくさんいます。ちょっと混乱しやすいのですが、2015年から遺伝子型の表記が整理され変更されました。GⅡ.4は“GⅡ/4”と表記されていましたが同じウイルスです。しかし、“GⅡ.17”は“GⅡ/11”だったもので、“GⅡ/17”ではありません。

 最初に見つかったウイルスは、1968年に見つかったことから、Norwalk68株“と名前が付けられました。この株は、”GⅠ.1“に分類されます。この株には面白い特徴があります。O型は感染しやすく、A型は発症しやすく、B型は発症しにくいのです。また別の”GⅠのウイルス“での実験では、A型とO型が感染しやすく、B型は感染しにくい結果でした。”GⅡ.4“では、血液型と感染のしやすさは無関係でした。   

2006年、ホテルの結婚式に出席した女性客が宴会場の近くで嘔吐され中性洗剤で掃除をしました。ウイルスが死なず乾燥して浮遊し、ホテルの換気で客室に拡がり、3日後から347人が感染しました。“GⅡ.4”の変異株(2006b株)だったので、これを機に2006/2007シーズンは全国ですごく流行しました。それまでは牡蠣が原因で発症した患者が多くみられましたが、その後は人から人の感染が多くなりました。2012年“GⅡ.4”の変異(Sydney2012株)で流行がみられ、2014年には“GⅡ.17”の流行が認められました。2017年1~2月の“キザミのり”による広域感染は“GⅡ.17”が原因でした。2017/2018シーズンは、“GⅡ.4”が69%、“GⅡ.2”が16%、“GⅡ.17”が5%、“GⅡ.5”が5%でした。ちなみに平成29年の食中毒事件の病因は、カンピロバクター・ジェジュニが31.6%、“ノロウイルス”が21.2%、アニサキスが22.7%でした。食中毒患者数の病因は、“ノロウイルス”が51.6%、カンピロバクター・ジェジュニが14.1%、病原性大腸菌が7.4%、ウェルシュ菌が7.4%、サルモネラ菌が7.2%でした。

 ノロウイルス”は感染力が強く、ウイルス100個くらいでも感染します。感染者の糞便1グラム中に10億個以上、吐物1グラム中に100万個以上のウイルスが居ると言われるので、少し触っただけでも感染する可能性があります。また感染力は、4度では2ヶ月、20度では1か月続きます。感染してから1~2週間(長いと4週間)は菌の排出が見られるので、症状軽快しても感染に気を付けねばなりません。

 ノロウイルス”の感染経路は、食物(シジミ、アサリ、牡蠣など)からと、感染者の糞便や吐物が原因の人から人への感染があります。人から人への感染が多いのですが、便所、ドアノブ、蛇口、手すりなどを介してうつります。最近では、感染者の症状が無い人(無症候性キャリアー)が原因になることも多い事が分かってきました。そのため感染対策が困難な場合もあります。A型肝炎も感染者の糞便から感染しますが、下水処理場が整備されてA型肝炎は少なくなりました。しかし現在、“ノロウイルス”は下水処理場で処理できないのでウイルスが入った処理水が川に流れます。河口近辺では”ノロウイルス”が多くいる可能性が高く、河口から遠いとウイルスが少ない可能性が多いので、どこで取れたのかが問題になります。

 ノロウイルス”は85度、1分で死滅します。普通の消毒では死滅せず、次亜塩素酸ナトリウムが効きます。便や吐物が付着したものには、0.1%(1リットルの水にハイター、ブリーチなど20mlの割合)。便座、ドアノブ、蛇口、手すりなどには、0.02%(1リットルの水にハイター、ブリーチなど4mlの割合)。衣服、タオルなど洗うときは熱湯に付けてからか漂白剤を使用してください。

 ノロウイルス”の検査はRTPCR法などのウイルス遺伝子検査では高精度ですが、費用が数万円かかります。簡易診断キットで3000円くらいで検査ができます。3歳未満と65歳以上では保険適用になっています。しかし、精度が問題で、GⅡ.4以外では精度が落ちるのと、ウイルスがあっても陰性となることもあります。インフルエンザのように陽性なら有効薬を出せますが、“ノロウイルス”にはありません。また、本当は陽性なのに陰性となった場合、陰性だから感染源にならないと思って行動すると大変なことになります。“ノロウイルス”の簡易診断検査はほとんど意味がありません。

 潜伏期間は1~2日。発熱、嘔吐、下痢が主症状で、小児は嘔吐からが多く、成人は嘔気、下痢から始まることが多いです。そのような症状が出たときには市販薬に頼るのではなく、医療機関で診てもらった方が良いと思います。膵炎、胆嚢炎、肝炎などとの怖い病気との鑑別が望ましいです。下痢止めはできるだけ使用しない方が良いです。当院では診療時間内なら約30分で結果が出ます。終業の1時間前くらいまでに診察されてください。

投稿日:2018年12月5日
カテゴリー:

納豆の食べ方 どうして納豆が良いのか

納豆は夜に食べるのが良いです。納豆には、“ナットウキナーゼ”が入っています。“ナットウキナーゼ”には血液をサラサラにする効果(血栓溶解作用)があり、脳卒中や循環器疾患の死亡率を低くします。その効果は、4時間後から10時間くらい続きます。脳梗塞は午前中、心筋梗塞は起床から1時間以内に起きやすいと言われています。だから、夜に食べるのが良いのです。

冷蔵庫から出して室温に30分くらい置いてから食べましょう。納豆の発酵で“ナットウキナーゼ”や“レシチン”が増えます。“レシチン”は、脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの原料となるので認知症の予防、LDLコレステロールの減少、脂肪肝の改善などの効果があります。

調味料を入れずに、300~400回、同じ方向にかき混ぜます。その後に調味料を入れます。混ぜる回数が100回でアミノ酸量1.5倍、甘味成分2.3倍、200回でそれぞれ、2.5倍、3.3倍、300回で2.5倍、4.2倍になるそうです。400回以上混ぜてもうま味は増えないそうです。アミノ酸のうま味成分は“グルタミン酸”です。“グルタミン酸”の摂りすぎは、”中華料理店症候群”を起こすことがあるので注意が必要です。

白いネバネバに“ポリγ(ガンマ)グルタミン酸(PGA)”があります。“PGA”は、“グルタミン酸”と多糖類の“フルクタン”からできています。混ぜることで“グルタミン酸”がほどけ出てきてうま味が溶け出します。この“PGA”は保水力が非常に強く、砂漠の緑化に利用できるように開発中だそうです。また、”納豆アレルギー”の人はこの“PGA”のアレルギーで、遅発性アレルギーといって、食べてから8~12時間後にアレルギーが出現します。“PGA”アレルギーの人たちは、サーファーやダイバーの人が多く、クラゲに刺されて“PGA”アレルギーになると考えられています。“PGA”は納豆以外にも調味料やスポーツ飲料、健康飲料などにも入っている可能性があるので注意が必要です。

納豆には、“ビタミンB1”が入っているので、“アリシン”が入っているものが相性が良いです。(夏バテに気をつけてを参照) また、“ビオチン”が入っているので、生の卵白(アビジン)とは相性が悪いです。(掌蹠膿疱症の話を参照) 

ナットウキナーゼ”は熱に弱く50度以上になると効果が低くなります。納豆を炒めたり、熱い味噌汁に入れたり、熱いご飯にかけたりすると効果が低くなります。“ナットウキナーゼ”には血栓溶解作用以外に、血小板凝集抑制効果や血流促進作用や収縮期と拡張期の血圧低下作用があります。

納豆には、“大豆イソフラボン”が含まれています。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、乳癌、前立腺癌、更年期障害の予防や改善効果があります。女性の更年期後の骨密度低下を予防します。“大豆イソフラボン”は腸内細菌でより強力な作用を持つ“エクオール”を作りますが、作れる人は、欧米で20~30%、日本人で50%位と言われています。大豆を摂る習慣の人で割合が高くなるそうです。“エクオール”を作れるかどうか尿検査のキットが市販されているようです。

納豆には、“ビタミンK”が含まれています。骨にあるたんぱく質を活性化し骨の形成を促すので、骨粗鬆症の予防になります。粒納豆よりひきわり納豆のほうが、1.5倍多いと言われています。

納豆は腸内環境を良くして免疫を高めます。大豆に多い“オリゴ糖”や“水溶性食物繊維”がエサになり(腸内細菌を参照)、ビフィズス菌や乳酸菌を増やします。

納豆に含まれる“抗菌ペプチド”は抗癌作用、ヘルペスウイルスや肺炎球菌に対する抗菌作用があります。また、“ジピコリン酸”には、溶連菌、ビブリオ菌、O-157に対する抗菌作用や放射能除去能が認められます。

納豆は、血液中の“AIM(Apoptosis Inhibitor of Macrophage)”を適正濃度にすることで、抗肥満効果、脂肪肝改善効果、肝癌予防が期待できます。

大豆イソフラボン”はアンチエイジング、寿命延長効果は否定的という報告がありますが、納豆には“ポリアミン”、その中でも“スペルミン”という物質に抗酸化作用、抗変異原性作用、抗炎症作用があり、アンチエイジング、癌発生予防、寿命延長が期待されます。“スペルミン”は精液に多く含まれ、精液の特有な匂いはこれが関係しています。納豆を食べると”ポリアミン”のうち”スペルミン”が増えていきます。納豆を食べればすぐに“スペルミン”が増加するわけでなく、数週間以上続けて食べないと増加しないそうです。

他の良い成分もしっかり摂るためには、毎日続けて食事する事が大事なようです。普通のパック1~2個を毎日続けて食べることが大事です。

投稿日:2018年11月19日
カテゴリー:

アニサキス症 より安全なサバは?

最近アニサキス症が増えています。魚を扱う人たちがアニサキス症の事をあまり知らなかった30年以上前、保存技術の向上で遠くからの魚を生で食べることが多くなった時期に、アニサキス症が増えました。私もその頃アニサキス症になりました。その頃たくさんの患者さんのアニサキスを内視鏡で摘出しました。現在の魚を扱う人たちはアニサキス症の事を良く知っています。その人たちの80%以上がアニサキスがいる魚を見たことがあるそうです。

魚に寄生しているアニサキスの幼虫(白くて2~3mm×0.5mm)を生きたまま食べて、消化管などにアニサキスが刺入して起きる病気です。胃、腸、腸管外にアニサキスが刺入します。そこで症状が出たものが、それぞれ、胃アニサキス症腸アニサキス症腸管外アニサキス症です。

本来寄生するのは、クジラ、イルカ、アザラシなどで、これらの胃に寄生して卵を産みます。この卵が海中に排便され、それをオキアミなどが取りこみ、そこで幼虫になります。幼虫のいるオキアミを魚が食べ、内臓に幼虫のまま寄生します。その魚をクジラなどが食べて胃の中で成虫になるのを繰り返します。アニサキスが寄生した魚を人が食べて、アニサキスの幼虫が刺入して発症します。

アニサキスは、本来の寄生しない人の内臓では生きられないので、消化管の壁を破って外に出ようとして消化管に刺入します。ほとんどは胃の中で刺入しようとしますが、胃壁は厚いので、頭だけ胃壁に突っ込むことが多いです。たまに深くまで刺入してそこで死んで肉芽腫(にくげしゅ)になることがあります。肉芽腫とは、アニサキスを異物とみなして、それを包み込むように腫瘍のようになるものです。胃の壁を貫き、腹腔(ふくくう)に出て肉芽腫を作ることもあります。これが腸管外アニサキス症です。腸では胃より壁が薄いので、胃より腸管外アニサキス症が多くなります。

腸管の粘膜は痛くありません(内視鏡で病理検査のため粘膜を採取しても痛くない)。しかし、胃アニサキス症では、魚を食べてから1日以内に、多くは10時間以内に激痛が出現します。私が胃アニサキス症になったときは鎮痛剤や胃潰瘍の薬などは全く効果なく、虫体を取るまで4日間激痛に苦しみました。この痛みはアニサキスによるアレルギーの反応ですアニサキスに感作(アニサキスアレルギーを参照してください)されてない人では痛みは出ません。感作されている人にアニサキスが刺入すると、そこでアレルギー反応が出現し疼痛物質が作られます。腸アニサキス症では、食後数時間から数日で、下腹部痛、嘔気、嘔吐などの症状が出現されます。腸管外アニサキス症では、肉芽腫による腸閉塞を起こすことがあります。

90%以上は胃アニサキス症です。治療は内視鏡で虫体を除去するのが一番です。私の時は、除去したらかなり速やかに痛みは消失しました。小腸アニサキス症大腸アニサキス症では、容易に内視鏡検査できないので、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、ステロイドなどの投与の保存的治療することが多いです。1週間くらいで虫体が死んで症状が消失します。

アニサキスは、魚の内臓に寄生していますが、魚が死ぬと速やかに筋肉に移行します。その筋肉を食べてアニサキス症になるわけで、速く内臓を処理した魚のほうが安全です。筋肉では、腹身(魚の下腹部、ハラミ、ハラス)に多くいることが多いです。マイナス20度で24時間で死滅します。60度で数秒で死滅します。保存法、調理法に気を付けて下さい。酢、しょう油、薬味では死滅しません。傷付いたアニサキスはアニサキス症を起こしにくくなりますが、良く噛んでも、なかなか傷つきません。(内視鏡でアニサキスを機械(鉗子)で掴んでも傷つかない) 

アニサキスは形態から10種類以上に分類され、そのうち人から検出するのは3種類います。その内で1番多いのが、Anisakis simplex で、これがさらに3種類に分類されます。その3種類中日本では、Anisakis simplex sensu strict(アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクト)Anisakis pergreffii(アニサキス・ピグレフィー)の2種類が多く、前者は九州から三陸沖の太平洋系、後者は東シナ海から日本海沿岸の対馬暖流系に生息します。前者の方が100倍筋肉に移行しやすいので、前者がアニサキスの原因になることがほとんどなので、太平洋系で取れた魚はより注意が必要です。

原因の魚は、西日本、関東周辺では、サバ、イワシ、アジ、カツオ、キンメダイ、北海道ではタラ、ホッケ、サケ(以前はイカが多かった)。一番多いのはサバです。クジラ、イルカが少ない、”根つき”のサバはアニサキスが少なく、養殖魚では冷凍オキアミなどを使用するので、養殖魚にはアニサキスの寄生は大変少ないです。

 

投稿日:2018年11月1日
カテゴリー:

青魚蕁麻疹(じんましん) アニサキスアレルギー ヒスタミン食中毒

青魚(光物)を食べて蕁麻疹が起きたことがある人、結構いらっしゃると思います。サバアレルギーなど、その魚自体によるアレルギーと思われがちですが、一番多いのは、アニサキスアレルギーです。蕁麻疹、発熱、頭痛、顔や体の紅潮、口唇のピリピリ感、アナフィラキシーショックなどのアレルギー症状が出現します。

 青魚を食べて起きるアレルギーは、①魚自体のアレルギー  ②ヒスタミンによる“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”  ③アニサキスアレルギー の3つが考えられます。このうち一番多いのが③アニサキスアレルギーと考えられます。

 ①は血液検査でその魚のアレルギー反応(IgE抗体)が陽性に出るものもありますがあまり多くはありません。体調によりアレルギーが出たり出なかったりすることがあるので、陽性でも必ず症状がでるとは限りません。特定の魚を食べるとアレルギーが出るが、他の魚では出なければ、①の可能性が高いと思われます。

 ②は“アレルギー様食中毒”または“ヒスタミン食中毒”と呼ばれるものです。原因は、赤身魚のマグロ、カツオ(この2つは青魚に入れないことが多い)、サバ、イワシ、アジなどの魚や加工品です。これらの魚は皮の下に“ヒスチジン”という物質を持っています。腐敗菌(代表的なのは“モルガン菌”)に感染すると、この“ヒスチジン”が“ヒスタミン”に変化してアレルギー症状が出現されます。この菌は低温ではあまり増殖しませんが、常温では非常に増殖するため、低温で保存することが重要です。この細菌以外にも、海中に居る“好塩性ヒスタミン生成菌”に感染すると、低温保存でもアレルギーが起きる可能性もあります。

 ヒスタミンは熱にも酸にも強く、いったん生成されたヒスタミンは調理加熱では分解されません

 ヒスタミンは、食べた直後から1時間以内で、顔面、特に口のまわりや耳たぶの紅潮、舌や口唇へのピリピリとした刺激、頭痛、蕁麻疹、発熱などを起こします。6~10時間で回復しますが、抗ヒスタミン剤の投与で速やかに回復します。

 アニサキスアレルギーは青魚の蕁麻疹の原因で一番多いと考えられます。アニサキスとは、サバ、イカ、アジ、イワシ、カツオ、サンマなどに居る2~3cmの寄生虫(線虫)です。そのアニサキス(の抗原)が原因になって起きるアレルギーで、IgE抗体を介したⅠ型アレルギーと言われています。現在16成分のアニサキスの抗原が分かっています。これらの抗原との反応は、患者さんによって大きく異なっているので、症状がどのように出現するのかも人それぞれになります。抗原が体に入った1回目では症状は出ません。1回目に“感作”(抗原に対し敏感な状態になること)されます。2回目にその抗原が入ってくるとアレルギーの症状が出るのです。

 このアニサキスの抗原は、熱にも凍結にも強いものがあり、また、アニサキスの虫体が死んでも、抗原は残るので、青魚を良く食べる人は、感作されていることが多いです。そして、感作された人がその青魚を食べると、アニサキスアレルギーになることがあります。

 治療は、ひどい場合はステロイド剤を、そうでなければ、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などを使用します。

 次回は、生きたアニサキスが胃腸などに取りつく、“アニサキス症”についてです。

投稿日:2018年10月22日
カテゴリー:

インフルエンザとは、パンデミックとは

14世紀ごろヨーロッパでは、周期的に流行する咳を伴う熱病を、イタリア語で「寒さの影響」「星の影響」を意味する “インフルエンツァ”と呼んでいました。 1890年ころには細菌である“インフルエンザ菌”がインフルエンザの原因と考えられていました。1931年にウイルスによる病気であるとわかりました。

インフルエンザウイルスは、その構造から、核蛋白(NP)の違いで、 A型,B型,C型の3種類の“属”に分類されます。人で流行するのはA型とB型です。C型インフルエンザは、いったん免疫ができるとずっと免疫が持続すると考えられます。ほとんどの大人に免疫があります。再びかかったとしても症状は軽く鼻水くらいです。

そして、A型は、ヘマグルチニン(HA)の違いで、H1~H16の16種類、ノイラミニダーゼ(NA)の違いで、N1~N9の9種類に分類されます。A型は、16×9=144種類の“亜型”に分けられます。B型は、山形型とビクトリア型の2種類があります。

水鳥では、A型インフルエンザ144種類の亜型全部が見られますが、人での亜型は、H1N1H2N2H3N2の3種類が見られます。これらは人から人に感染する能力を持ちます。豚は水鳥と人のどちらのインフルエンザにも感染します。水鳥から豚に感染し、そこで変異して、人から人へ感染する能力のあるウイルスになることがあります。これが新型インフルエンザウイルスです。1918年のスペインインフルエンザ(H1N1)、1958年のアジアインフルエンザ(H2N2)、1968年の香港インフルエンザ(H3N2)、新型インフルエンザと言われた2009年のインフルエンザpdm2009(H1N1)が流行しました。死者数はそれぞれ、4000万人以上、200万人以上、100万人以上、1万5000人以上でした。ウイルスが分かってから4回世界的に大きな影響を及ぼす“パンデミック”の流行がありました。現在では後者の2種が流行します。

水鳥から飼育している鳥(家禽、かきん)に感染し、その中のインフルエンザウイルスの一部が、病原性を示す“変異株”になります。この“変異株”を“鳥インフルエンザウイルス”と呼びます。鳥の病気です。この“鳥インフルエンザウイルス”のうち、家禽(かきん)がたくさん死ぬ“強毒株”のことを“高病原性鳥インフルエンザウイルス”と呼びます。日本では、H5とH7の亜型(H5とH7のN1~N9の18種類)は、すべて“高病原性鳥インフルエンザウイルス”として、感染した家禽(かきん)を殺処分し消毒されます。

高病原性鳥インフルエンザウイルス”の中で、家禽(かきん)と濃厚感染により人に感染し発症することがあります。H5N1亜型では、2003年から860名が感染し、454名が死亡しました。H7N9亜型では、2013年から1567名が感染し、615名が死亡しています。しかし、これらの患者から人への感染はまだありません。変異により、人から人に感染する新型インフルエンザウイルスが現れたら、誰も抗体を持っていないので、“パンデミック”の流行になります。

症状は、普通の風邪では、鼻水、咽頭痛、咳などの症状から始まりますが、インフルエンザでは、全身症状である、発熱、倦怠感、食欲不振、関節痛などから始まることが多いです。 

ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖できません。空気中や土壌中などの細胞外では増殖しません。部屋の中のインフルエンザウイルスは増えません。

インフルエンザ2日後の感染力は、室温5℃では不変で、25℃だと2分の1、30℃だと10分の1になります。室温が21~24度での6時間後のウイルス量は、湿度20%なら60%くらいに減少、湿度50%なら3~5%に減少します。高温多湿でウイルスの感染力が低下します。

インフルエンザウイルスは20分で細胞内に入ります。インフルエンザウイルスが口から入ったら、20分以内にうがいをしないとダメです。時間が経ってからうがいしてもほとんど効果ありません。感染は“飛沫感染”と“接触感染”ですが、マスクはウイルスが入らないものを顔に密着しないと隙間からウイルスが潜入します。こまめな手洗いをして、汚染された手では目、鼻、口に触れないようにして予防します。

投稿日:2018年10月11日
カテゴリー: