メニュー

糖尿病

糖尿病はどうして悪いか

糖尿病とは、膵臓から分泌される、血糖を下げるホルモン、「インスリン」が、少なくなったり、在ってもうまく使われないで、血液中の糖が多くなる病気です。
高血糖状態やインスリンが十分働かない状態が続くと、全身の血管が傷ついて、動脈硬化を起こします。血管が豊富な臓器が早くから障害されます。目の網膜症、ひどくなれば失明になるし、腎不全で透析が必要になったり、神経の血管が障害され、しびれや痛みが出現したり、足の血行が悪くなり切断が必要になったりします。
糖尿病がコントロールされないと、合併症を引き起こします。まず、3大合併症である、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症です。そしてさらに進むと、四肢の血管、心血管、脳血管が障害され、四肢の壊疽、心筋梗塞、脳梗塞などが起きます。

糖尿病の検査

糖尿病の診断は、①かつ③ または ①かつ② または ②かつ③または①が2日ある

    ①空腹時(10時間以上の絶食)の血糖が126mg/dl以上
    ②随時(食後の適当な時間)の血糖が200mg/dl以上
    ③HbAIc(ヘモグロビンエーワンシー、1~2ヶ月の糖のコントロールを表す)が6.5%以上

もし、①、②、③のどれかの異常が認めたら、75g糖負荷試験を検査してください。
空腹時に、糖75gの炭酸水を飲んで、飲む前、飲んで30分後、60分後、120分後の4回血液を調べます。正常と糖尿病の「境界型」や、食後過血糖(食後に急に血糖が多くなる状態)や、インスリンの分泌能などが分かり、糖尿病の対策ができます。
尿検査は、当然尿糖を調べるほか、尿蛋白などで腎臓の状態を見たりします。尿糖が見られても糖尿病ではない、「腎性糖尿」もあります。
ひどい場合は、合併症の検査も必要です。頸動脈エコー検査、眼底検査、心電図検査などの検査をします。

糖尿病の治療

まずは薬物療法の前に食事療法、運動療法など生活習慣の改善をすることです。それでもだめなら、薬物療法を組み合わせてください。 クスリに関しては、いろいろなタイプがあるので医師とよく相談して決めてください。副作用などもしっかり勉強が必要です。インスリン注射が必要になることもあるでしょう。 一番大事なのは、低血糖にならないように気をつけることです。  状態に合わせて、厳密なコントロールが必要な患者さんや、大体のコントロールで良い患者さんなどいらっしゃるので、医師と相談していろいろと目標値を変える必要があります。治療は継続することが大切です。  合併症予防のためにも、HbA1cを7.0%未満にすることが望ましいです。状態によってはできないので、せめて、8.5%未満を目指してください。(人によって目標値が違います。)

食事療法は極端なものは危険ですし、長続きしません。民間療法があなたにすべて合うとは限りません。食事量(カロリー量)、食事(炭水化物、蛋白、脂質、ビタミン、無機質)のバランス、食べる順番(炭水化物は後の方に摂る)、食べる時間(食べてすぐ寝るのはダメ)を良く考えてください。
GI値(グリセミック・インデックス)の低い炭水化物の摂取や、脂肪を分解するホスホリパーゼが豊富なキュウリを食べるのも効果があります。 食事療法も継続することが大切です。