メニュー

脂質異常症

脂質異常症とは

    ①LDL(エルディーエル)コレステロールが140mg/dl以上
    高LDLコレステロール血症
    ②LDL(エルディーエル)コレステロールが120mg/dl~139mg/dl
    境界域高LDLコレステロール血症
    ③TG(トリグリセライド、中性脂肪)が150mg/dl以上
    高TG血症
    ④HDL(エイチディーエル)コレステロールが40mg/dl未満
    低HDLコレステロール血症

いずれも空腹時(絶食10時間後)で、脂質異常症と診断します。
LDLコレステロールの直接測定が不安定なため、安定なTC(総コレステロール)を測定してTCの値からHDLの値を引いたものnonHDLコレステロール(TC-HDL)をLDLの代用することもあります。170mg/dl以上が高nonHDLコレステロール血症です。(nonHDLコレステロールの基準値はLDLに30mg/dlを加えた値です)
また、TGが400mg/dl未満であれば、LDL=TC-HDL-TG/5で計算できます。
あくまでこれらは、診断基準で、薬物療法の開始の基準ではありません

コレステロールは出来るだけ下げた方が良いか?

コレステロールは体に大切な成分で、細胞膜・胆汁酸・ホルモンの材料になります。だから、コレステロールはある程度無くてはいけません。人によっては、たくさんあった方が良い人(高齢でやせている人)や、厳密に少なくした方が良い人(心臓疾患の人など)が居ます。

超悪玉コレステロールとは

脂質異常症は動脈硬化の原因になります。冒頭の①~④の悪化が原因ですが、もっと動脈硬化に関係するのがあります。いわゆる、超悪玉コレステロール、sd-LDL(small dense スモールデンスLDL)です。これが体の中で酸化されると動脈硬化が進みます。 当院では、このsd-LDLが存在するかを検査しています。

動脈硬化はどんな病気の原因になるか

脳の動脈硬化は、一過性脳虚血発作、脳出血、脳梗塞など。
心臓や血管では、狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など。

脂質異常症の治療は

食事療法

コレステロールは、食事から約20%、肝臓で作られるのが約80%で、コレステロールが多く含まれる食事の関与は比較的少ないのです。肝臓でコレステロールを作らせる食事がより問題になります。それは、油です。肉に多い飽和脂肪酸、n-6(エヌロク)系多価不飽和脂肪酸の油(リノール酸、アラキドン酸などで、少量ではコレステロールを低下させるといわれているが、アレルギーを助長したりする)は出来るだけ控えた方が良いでしょう。また、卵黄だけを摂取すると肝臓でコレステロールをたくさん作らせます。トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、牛肉、牛乳)も悪玉脂肪酸で、動脈硬化を起こさせます。
摂取した方が良い油は、n-3(エヌサン)系多価不飽和脂肪酸です。青魚のEPA(イーピーエー)やDHA(ディーエイチエー)やシソ油エゴマ油です。酸化すると効果が落ちるので、火を使わないのが良いです。
油で火を使うなら、、n-9(エヌキュウ)系多価不飽和脂肪酸(オリーブ油などのオレイン酸)を使用すると良いでしょう。
食物繊維を多く含む未精製穀類、大豆製品、海藻、野菜類をたくさん摂取してください。
また、やせていたり、病弱の人は、肉類が必要です。痩せていてコレステロールが低いと癌になりやすくなるといわれています。やせ過ぎてはいけません。

TG(トリグリセライド、中性脂肪)に気をつける食事療法

アルコールがとても関係が深いので、飲みすぎないようにします。炭水化物(特に糖質を多く含む食品)の摂取を少なくします。 n-3系多価不飽和脂肪酸(DHA、EPA、シソ油、エゴマ油)を火を使わないでたくさん摂取してください。
sd-LDLはトリグリセライドの関与が大きいのでトリグリセライドを下げる食事が良いでしょう。

HDL-Cに気をつける食事療法

トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、牛肉、牛乳)の摂取をできるだけしなようにしましょう。
n-6系多価不飽和脂肪酸の油(リノール酸、アラキドン酸でほとんどのサラダ油に入っている)を控えるようにしましょう。n-3系多価不飽和脂肪酸n-9系多価不飽和脂肪酸(オレイン酸)にシフトしましょう。

薬物療法

いろいろな薬があります。一般的には脂質異常症のガイドラインに沿って服用するのが良いと思います。
しかし、やせていたり、体が弱くなった人の中には、体が必要なので自分からコレステロールを産生して高値の人も居ます。人それぞれなのでさじ加減が必要だと思います。そこが医師の腕の見せ所です。オーダーメイドのその人に合った治療方法を医師と相談して、納得して服用されてください。
心疾患の人などでは厳密なコントロールが必要になることが多いです。