メニュー

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

胃食道逆流症GERD ガード : Gastro-esophageal reflux disease)とは、胃内容物が食道に逆流することにより様々な症状を訴える病気の総称で、粘膜がびらん(ただれ)・潰瘍等の炎症がある「逆流性食道炎」と粘膜の異常を認めない「症候性GERD」または、「非びらん性胃食道逆流症(NERD ナード : non-erosive reflux disease)」に分けられます。
胃には胃酸から粘膜を守る防御機能がありますが、食道にはこの防御機能がありません。胃酸が何らかの原因で胃から食道に逆流すると、食道粘膜は酸で炎症を起こします。炎症が起きるとさらに逆流しやすくなります。
食事をすると、胃と食道のつなぎ目「下部食道括約筋」が緩み、食事が食道から胃へ流失しますが、この時食道へ胃酸が逆流しやすい人が逆流性食道炎になります。同じようにゲップは胃の空気が逆流したものです。また、胃酸が十分ある人が逆流性食道炎になります。唾液は逆流した胃酸を胃へ戻します。

どんな自覚症状があるか

胸焼けと「呑酸(どんさん)」(酸味、苦みのある胃液が口に逆流する現象)です。
その他に、ゲップ、喉の違和感、イガイガ、胸の痛み、お腹の膨満感、胃もたれ、胃痛、咳なども見られることがあります。

どんな人がなりやすいか

    生活習慣

    食べ過ぎ、早食いは、胃を進展させたり、空気を一緒に呑み込みやすく、ゲップが出やすくなり、胃酸の逆流が見られやすくなります。
    高脂肪食は、コレシストキニンという脂肪の消化に関わるホルモン物質が大量に分泌させ、これが下部食道括約筋を緩めるので胃液が逆流しやすくなります。
    食べてすぐ寝ると胃酸の逆流が増えます。食後3時間までは、下部食道括約筋が緩みやすいので胃酸が逆流しやすくなります。就眠は食後3時間以降が良いでしょう。


    お腹を圧迫させる問題

    お腹を圧迫させる前かがみ姿勢、肥満、お腹をしめつける服装などは、腹圧があがり、胃酸の逆流がされやすくなります。


    下部食道括約筋を緩める薬

    狭心症治療の中の「硝酸薬」や高血圧治療の「カルシウム拮抗薬」の中には、下部食道括約筋を緩める作用があります。


    ピロリ菌を除菌した人

    ピロリ菌感染で慢性胃炎になっている人の酸分泌は低下していることが多いのですが、ピロリ菌を除菌した人は、胃酸分泌が正常になり、逆流性食道炎が増える傾向があるという説とあまり変わらないという説があります。

バレット食道について

胃や腸は円柱上皮(えんちゅうじょうひ)、食道の粘膜は扁平上皮(へんぺいじょうひ)という粘膜でおおわれています。逆流性食道炎になると、食道の扁平上皮が障害され、再生するときに円柱上皮に置き換わったものを「バレット食道」と言います。
逆流性食道炎の人の約20%の人にバレット食道ができるといわれています。食道の癌は普通、「扁平上皮癌」ですが、まれにバレット食道が癌になることがあります。円柱上皮の癌で「食道腺癌」と呼びます。

どんな検査をするか

胸焼けと呑酸があると、胃食道逆流症GERD)と診断されます。そして、逆流性食道炎と診断するには上部内視鏡検査をします。食道に炎症があるものが、逆流性食道炎です。
逆流性食道炎は癌発生率が正常の人より髙いのでしっかり診てもらいましょう。当院では、食道癌の見落としを少なくするため、NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光)で観察してより詳しく検査をしています。

どんな薬で治療をするか

    ①消化管運動機能改善薬
    胃内容の逆流防止、食道運動促進を目的にが用いられます。軽症には効果がありますが、重症ではあまり効果がありません。
    ②粘膜保護剤
    補助的に使用することがあります。
    ③制酸剤

H2(エイチツー)ブロッカーがあまり効かないことが多く、PPI(ピーピーアイ)(プロトンポンプ拮抗薬)が用いられます。より効果が強いカリウムイオン競合型アシッドブロッカーP-CAB(ピーキャブ)を使用することも多いです。
強い薬は効果がありますが、投薬の方法があり専門医にお任せください。日本人では遺伝的にPPIの効きにくい人の割合多く、使用法の熟知が必要です。ずっと薬を飲み続ける必要があるか、主治医と良く相談する必要があります。
最初に強い薬を使用して弱い薬にしていくような、step down(ステップダウン)療法や症状改善から維持療法のため、薬を中止した後、症状が出たり、出そうな時点で、自分の判断で薬を始め、良くなったらやめる治療法、「オンデマンド療法」もあります。